目次

美女と野ジュースに配合されている「アフリカマンゴノキ」についてご紹介します。

  1. アフリカマンゴノキとは?
  2. アメリカで、アフリカマンゴノキが注目されるようになった理由
  3. アフリカマンゴノキの効果

 

 

 

 

アフリカマンゴノキとは何でしょうか?フルーツの「マンゴー」とは違う?

≫公式ページ≪

アフリカマンゴノキとは何でしょうか?
英語名がアフリカマンゴーなのですが、
フルーツの「マンゴー」と似ていますが、アフリカ産のマンゴー・・・ではありません。

 

中央アフリカから西アフリカ、またインドなどに自生している植物です。
果実の外観が緑色で中が黄色。

 

高湿度・熱帯地方という環境で低木が多い森にあり、
アフリカマンゴノキ属・ニカキ科の背の高い木です。

 

食用として、果実・種子が使われています。
その種子やエキスは、例えば菓子・食用油脂などにも使用されていますし、スープに使えば、とろみが出たり味付けにもなります。
体重を落とす・過度の食欲を抑える働きがある薬草としても、アフリカの各地で昔から使用されてきました。

 

アメリカでアフリカマンゴノキの効果が注目されるようになった理由とは?

まず、アメリカでアフリカマンゴノキの効果が注目されるようになったのは何故でしょうか?

 

生活習慣病や肥満などの問題をかかえるアメリカ。

30パーセントを超える肥満者率は、割合としてとても高いと言えます。
アメリカの連邦厚生省と連邦農務省は、この状況を改善しようと、
5年ごとに「アメリカのための食生活指針」を打ち出して、
学校でこの指針に沿った給食を作ることになっているという現状です。
しかし、(日本と違ってアメリカでは)給食以外の昼食を選ぶことも出来るので、
スナックやファーストフードを食べる生徒も多いのです。

 

社会問題にもなっている肥満。
アメリカではダイエットのための成分やサプリの研究も活発に行われていて、ダイエット成分の1つとして注目を浴びているのがアフリカマンゴノキのエキスなのです。

 

アフリカマンゴノキの成分の効果は?

≫公式ページ≪
アフリカマンゴノキの効果としては、

 

ダイエット効果
生活習慣病の予防と改善への効果

 

が主に挙げられます。(その他の健康への効果も期待されていて、研究が続けられています。)

 

アフリカマンゴノキの「レプシン」とダイエット効果について。
食事すると体の中で分解されるのが「グルコース」と「脂肪」ですが、
これは人間が活動する時にエネルギーとして使われていくんですね。
使い切れなくて残った物が脂肪として体内に残るわけです。

 

脂肪細胞から分泌される物質が「レプチン」と「アディポネクチン」で、肥満の原因に多大な影響があるそうでうす。
脂肪がたまっていくと、「アディポネクチン」生まれにくくなって、また、「レプチン」の働きも鈍くなるのです。
「レプチン(食欲を抑えるホルモン)」が正常に働くことができる助けをするのが、アフリカマンゴノキなのです。

 

アフリカマンゴノキと「アミラーゼ」・「グリセロール-3-リン酸脱水素酵素」について。
アフリカマンゴノキには、「アミラーゼ」の働きを抑制する働きもあります。
「アミラーゼ」は、消化酵素なのですが、糖質を吸収します。
アフリカマンゴノキを摂ると、吸収される糖質の量が少なくなるのです。

 

また、「グリセロール-3-リン酸脱水素酵素」の働きも阻害するのがアフリカマンゴノキ。
「グリセロール-3-リン酸脱水素酵素」は、脂肪細胞内の糖を中性脂肪に変えて体内にためてしまう酵素です。
アフリカマンゴノキで、脂肪細胞の蓄積を抑えることになります。

美女と野ジュースの口コミを読む